紹介

古流武術は、日本の封建時代に創始された武術であり、現代に至るまで師から弟子へ直接伝えられています。武芸と戦略を教育する目的を果たす武術は、侍が戦や決闘で成功するために必要なものでした。また、師から伝えられるのは武術に限らず、日本の封建的伝承である礼法と哲学も含んでいます。哲学は、戦と日常生活とのつながりの中で侍を倫理的に教育しました。古流武術は、武芸、戦略、礼法、哲学すべての側面を組み合わせることで、無敵の心身をもつ侍を作り出すという目的があります。

関ヶ原の戦い

関ヶ原の戦い

これに対して、明治維新後に開発された剣道、柔道、合気道、居合道、杖道などの現代武道は、スポーツ的アプローチに焦点が当てられています。現代武道は、古流武術のように封建的な日本文化の教えや伝統を継承するのではなく、西洋の文化と世界に適応したことで、真の戦いとのつながりを失いました。

古流武術は、それぞれ異なる厳格な宗家制度によって定められています。その中で宗家は、流派の決定権と免許発行権をもち、指導者として教えを継承する責任があります。いくつかの流派では、宗家による稽古を行わない場合がありますが、宗家が指導者として流派を導く存在に変わりはありません。流派のなかにいくつかの分流・分派がある場合、宗家はこの師範を正当な師範家として認めることができます。また、宗家が分流・分派の師範家に流派を引き渡すことがあります。これによりこの師範家は新しい宗家となり、宗家の地位を世襲することで、流派を継承し続けることができます。
また、流派のなかには宗家や家元をもたないものもあります。それらの流派は、最高師範が指導者となるか、もしくは分流・分派の師範が完全に独立した指導を行っています。

古流武術の伝位は、伝統的には流派秘伝の巻物の形で師から弟子へ伝授され、現代武道のような段位や級位、色のついた帯などはありません。また古流武術は、協会や団体などへ加盟する必要はなく、宗家は独立した指導者として、流派の師範によって支持されています。これらの伝統は、封建時代から継承されています。

現在、約百の古流武術が存在しています。
古流武術は何百年にもわたり、師から弟子へその教えを継承してきました。様々な流派間でのスポーツ的なトーナメントはありませんが、宗家や師範が別の流派の師範に勝負を挑まれることが度々起こります。しかし、これは一般的に高度な技を習得した者にしか許されていません。

日本の歴史と文化を語るうえで、武術はとても重要な部分と考えられています。現在も古流武術は、封建時代の日本で行われた侍の武術習得とまったく同じ方法で、師から弟子へとその教えを継承しています。

ここまで、古流武術とは何であるかについての概要をご紹介しました。
古流武術とは、それぞれの流派が異なる独特の文化やアイデンティティをもった武術であるということを理解することが重要です。