稽古内容と指導法

北辰一刀流兵法は江戸時代の創始以来次のような稽古を行っています。

- 剣術                    大刀と小刀を用いた組太刀
- 抜刀術                 大刀と小刀の素早い抜刀術
- 長(薙)刀術          長刀(薙刀)と大刀を用いた組太刀
- 柔術                    徒手での攻撃 ・ 防御術
- 撃剣                    竹刀と防具を用いた実践的な打ちこみ稽古

上記の他、 礼儀はもちろん、 流派の歴史や哲学、 道場に代々伝わる雲足、 呼吸法なども学びます。

個々の門下生の要望に合わせた指導は、 流派の成立以来受け継がれている指導方針のひとつです。 技や形が十分に理解できなかった場合や、 より速い進歩を望む際に行われる個人指導がそれにあたります。

この他にも様々な指導方法が存在します。 短期間のうちに要領良く技を習得できるように、 指導者は数ある指導方法のうち門下生ごとに最適なものを使って、 状況と技量に合わせた指導を行います。

なお、 流派の技は 「表技」 (門下生全員に開かれた技 )と 「裏技」 (いわゆる奥義) とに分けられ、「裏技」 は武士道の五条を理解し実践しつつ真剣に稽古に打ち込む門下生にのみ、口伝により伝授されます。